新しい門出

長男が、2年間続けてきたミニバスを辞めた。

長男は軽い喘息持ちで、体質改善のために年長からスイミングに通っていた。小学2年生の夏になったとき、スイミングスクールが閉鎖となった。別のスクールに移るかと聞いたところ、もうスイミングは嫌だと言う。まあ喘息は年に数回出るだけとなったし、別のスクールは遠いし、何か違う運動をやることを条件に、スイミングはやめた。

それからは、新しいお稽古を探した。サッカーと野球は絶対に嫌だと言うから、空手にも連れて行ったし、トランペットも吹いてみた。どれも嫌だと言う中で、唯一「やってみてもいいかな」と言ったのがバスケ。私が薦めたからだ。

昔々、小学5年生になったとき、私はミニバスをやりたいと親に言った。兄がちょうど5年生でサッカーを始めたから、私もスポーツクラブに入れるだろうと思っていた。でも親の答えは「女の子は運動より勉強」。そして突然、学習塾に入れられた。

「お母さん、それがすごく悔しくてね。体育の授業でミニバスをやったとき、バスケって何て面白いんだろうって思ってたから、すごく残念だったことを覚えてるよ」と実体験を語ったことも影響したんだろう。長男は3年生になったときに、ミニバス少年団に入団した。

そうして1年が過ぎたころ、「あ~、また今日もバスケか」と嫌がり、辞めたいと言うようになった。元々、長男は運動が得意な方ではない。でもなんとかついていけていたし、正直、私はバスケの技術なんてうまくならなくてもいいと思っていた。みんなで一生懸命に頑張ることの大切さを肌で感じたり、上の子たちが真剣な態度で物事に取り組む姿を目にするだけでも十分だと思っていた。だから技術云々はおいておいて、続けさせたいと思っていた。

でもあまりにも「嫌だ」を繰り返す。理由を聞いたところ、第一に「土日がつぶれるのが嫌だ」。第二に「コーチが嫌だ」。

バスケの練習は、基本が水・金・土。たまの日曜日に、丸一日試合がある。高学年になってくると試合数が増え、遠征もあり、日曜日は隔週でほぼつぶれる。バスケ好きな子にとってはたまらないバスケ漬けの生活が送れるけれど、たいして好きでもなくバスケをやっている趣味多き長男にとっては、好きなことができる自分の時間が削られ、苦痛に感じたようだ。

加えて、高学年になるとコーチも変わる。より厳しく、ビシバシと怒鳴り声が飛んでくる。少年団ではどこででも見られる光景だけど、長男はどうしてもこれが耐え難かったようだ。「あの人、ほんと嫌」と言うようになった。コーチとの信頼関係も何もない。

もともと私は、子どもを闇雲に怒るようなことはしてこなかった。叱りはしても「怒る」はできるだけ避けようと思ってきたし、叱るにしても子どもの言い分をちゃんと聞いてから、と思って接してきた。だからまあ子どもたちは屁理屈を言うようにはなったけれど、子どもと言えども、意見を持ち、それを表明する機会は与えられてはいた。

それがいきなり理由もよくわからずに頭ごなしにみんなの前で怒鳴られ、直立不動で返事は「はい」を求められれば、まあ嫌にはなるだろう。でも怒られるのは、ウチの長男だけじゃない。むしろ期待されている上手な子の方が、よく怒られる。みんなそうやって怒られながら、なんとかやっていくのが少年団だ。その善悪はおいておいて。

理想論を言えば、そんなの全くよろしくない環境に決まっている。悪しき体育会系文化以外の何物でもない。でも、と思ってしまうのは、私がまだその名残にもひょっとしたら価値があるのかもしれないと思ってしまうからだろう。有無を言わずに従わなければいけない状況だって、これからあるかもしれない。親の目がまだ届く距離にいるうちに、そういう状況を経験して、乗り切る力をつけておいた方がいいんじゃないのか。他の子にできているんだし、ウチの子だけ甘い環境でいいんだろうか。

そんなこととか、この仲間で得られるであろう経験の価値についてとか、私もさんざん他のママたちに相談させてもらった。いただく言葉のどれもが本当に胸に刺さってありがたくて、もう少し続けたらいいのに、と思った。

それでも、長男は辞めることを選んだ。友達からの言葉に、思わず「辞めにくいなあ」と漏らす程には心が揺れたみたいだけど、ただ辞めるということではなくて、自分の人生の選択なんだという重みもおそらくは分かった上で、決意を変えなかった。親としては、もうそれを尊重するしかない。

この春は、長男にとっても新しい門出。

basketball

クロスワードパズル

4年生も終わろうとしている我が長男。普段は全く本を読まないので、知的な語彙や知識が圧倒的に少ない。クロスワードパズルをやっていても、ことあるごとに質問してくる。
長男「ねえ、春の夜空に青白く輝くおとめ座の一等星って何?最初が『ス』で、最後が『カ』なんだけど」
私 「あんた、そこまで出ててわかんないの?」
長男「うん、スイカくらいしか思い浮かばん」
……だろうね……。

男の子は……

我が家には女の子がいない。娘がいない人生なんて、想像したことがなかった。双子を妊娠した時は2人とも女の子だと思ったから、両方男の子だと知ったときは驚愕して、しばらく言葉が出なかった。

女の子は、かわいい。いや、男の子だってかわいいんだけど、それと同じくらい、アホである。
最近の愚息たちの言動から。

◆三男
国語で「どうぶつえんのじゅうい」という話を学習している。我が家の生き物博士である三男のドリルを見たところ……。

質問はこれ。
IMG_1421.jpg

で、三男の回答がこれ。
IMG_1422.jpg

あほーーー!!

◆次男
寝っ転がってずっとダラダラしている。
「あー、トイレ行くの面倒くさいなー」
「…そうだ!」
寝ころんだまま、ゴロゴロと回転してトイレまで行きましたとさ。

◆長男
リコーダーの練習に身が入らず、あごの下に立ててみたり、回してみたりして遊んでいる。ふとしたはずみに、ウィンドウェイ(息を吹き入れるところ)に鼻が当たって息が入ったらしい。
「あ!音が出た!見て見て!鼻でふける!!」
その後しばらく、馬鹿笑いしながら鼻でリコーダーをふいていた。
長男によると、鼻吹きは低音が難しいそうだ。

こんな息子たちが3人そろうと、バカ丸出しである。
私 「ちょっと、誰か足臭いんだけど!」
次男「え、僕の足は薔薇の香りだよ」
三男「どれどれ」
 (三男、次男の足をかいでみる。)
三男「うわ、くっせーーー!!」
 そして2人で顔を見合わせてゲラゲラゲラ。
長男「俺の足なんてな、薔薇とローズの香りだぜ」
私 「薔薇の英語がローズだよ……」
長男「え、マジ!?」

こんな会話が日常で繰り返される。
ほんともう勘弁して……。

お月見泥棒

昨日のお月見の晩、我が家の息子たちは罪を犯した。罪状は窃盗。つまりは泥棒。

この辺では、お月見の晩に「お月見泥棒」と呼ばれる子どもたちがわんさと出現する。もともとはお月見のお供えの中からこっそりお団子を一つくすねる程度で始まったようなのだか、詳しいことはわからない。現在この界隈で「お月見」と言えば、各家々を回ってお菓子をもらう日本版ハロウィンのようなイベントとなっている。

参加するのはたいてい子どもがいる家庭で、袋詰めにしたお菓子をいくつか、軒先に置いておく。今年ウチで用意したのは40個。人通りが多い道に面した家では、100個近くも用意するところもあるらしい。時おり、このお月見の風習を知った地域外の子がもらいに来ることがあって、「なんで知らない子にお菓子をあげなきゃいけないんだか」とボヤくお祖母ちゃんもいる。そんなことはあれど、子どもたちが心から楽しみにしている年に一度の行事だ。

で、我が息子らの戦利品。

三男。
お月見のお菓子1

次男。
お月見のお菓子2

そして長男。
お月見のお菓子3

毎年のことで腕が上がっているのか、いただいてくるお菓子の数は、年々多くなっている。
明らかに、ウチで用意している数より多くのものをいただいてくる💦
地域の皆様、すみません……○| ̄|_

家に帰って、いただいてきたお菓子をそれぞれが披露してホクホク顔の息子らと対照的に、私の顔は険しくなる。明らかに食べさせたくないもの(コチニール色素とかアスパルテームとか、悪そうな添加物をふんだんに使っているもの)は問答無用で除外するとして、この大量のお菓子を、どうやって制限しよう。これからしばらくは攻防が続きそうである。

川勝と溝口発見!

東京で働いていた頃、選挙の仕事にかかわっていた。と言っても実際の選挙実務ではなく、選挙報道の分野。だから今、解散総選挙になって関係者の皆さんは大変だろうなあと思う。すっかり他人ごとですが(^^;)。あ、在宅バイトならお手伝いできます(笑)。

静岡の田舎に引っ越してきて、最近の選挙といえば、6月にあった県知事選挙だ。
mizokawa
溝口紀子と川勝平太の一騎打ちで、まあ結果は見えていたから、ダンナとの間でさして話題になることもなかった。子どもたちには、学校前にある選挙ポスターの掲示板を見ながら「この人たちのどっちかを選ぶんだよ」という選挙の話はしたけれど、それだけだったと思う。

あれから3か月ほどが過ぎた今日。
学校から帰って漫画を読んでいた三男が、なにやらシリアスな声を出して言う。

三男「ねえ、ママ」
私 「何?」
三男「これ、川勝と溝口じゃない?」
私 「?」

そして三男が示してきたページを見て、噴いた。

pascal

さすがに、これはないでしょ~(笑)。
でも言われてみれば平太はちょっと似てるかも(笑)。

ってか、小学生が読む漫画の内容でこれか!
いろいろ、ツッコミどころが多すぎて言葉が出てこない

まったく、最近の漫画は何を描いてるのよ……と思いつつも、三男の思いつきにもびっくりした。短期間にちらっとしか見なかったポスターを、よく覚えているんだなあ。そういえば我が家の双子は、私が全く知らない指名手配人物の名前なんかも知っている。週に1回行く体操教室の壁に貼ってあるらしい。2年生の記憶力ってすごいなあ。

ちなみにこの漫画、『100%パスカル先生』という。大方の少年ギャグマンガの例にもれず、大人の私から見れば、下品で全く面白くないけれど、子どもたちはいたく気に入っている。早く卒業してくれないかな~。
Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード