スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お月見泥棒

昨日のお月見の晩、我が家の息子たちは罪を犯した。罪状は窃盗。つまりは泥棒。

この辺では、お月見の晩に「お月見泥棒」と呼ばれる子どもたちがわんさと出現する。もともとはお月見のお供えの中からこっそりお団子を一つくすねる程度で始まったようなのだか、詳しいことはわからない。現在この界隈で「お月見」と言えば、各家々を回ってお菓子をもらう日本版ハロウィンのようなイベントとなっている。

参加するのはたいてい子どもがいる家庭で、袋詰めにしたお菓子をいくつか、軒先に置いておく。今年ウチで用意したのは40個。人通りが多い道に面した家では、100個近くも用意するところもあるらしい。時おり、このお月見の風習を知った地域外の子がもらいに来ることがあって、「なんで知らない子にお菓子をあげなきゃいけないんだか」とボヤくお祖母ちゃんもいる。そんなことはあれど、子どもたちが心から楽しみにしている年に一度の行事だ。

で、我が息子らの戦利品。

三男。
お月見のお菓子1

次男。
お月見のお菓子2

そして長男。
お月見のお菓子3

毎年のことで腕が上がっているのか、いただいてくるお菓子の数は、年々多くなっている。
明らかに、ウチで用意している数より多くのものをいただいてくる💦
地域の皆様、すみません……○| ̄|_

家に帰って、いただいてきたお菓子をそれぞれが披露してホクホク顔の息子らと対照的に、私の顔は険しくなる。明らかに食べさせたくないもの(コチニール色素とかアスパルテームとか、悪そうな添加物をふんだんに使っているもの)は問答無用で除外するとして、この大量のお菓子を、どうやって制限しよう。これからしばらくは攻防が続きそうである。
スポンサーサイト

川勝と溝口発見!

東京で働いていた頃、選挙の仕事にかかわっていた。と言っても実際の選挙実務ではなく、選挙報道の分野。だから今、解散総選挙になって関係者の皆さんは大変だろうなあと思う。すっかり他人ごとですが(^^;)。あ、在宅バイトならお手伝いできます(笑)。

静岡の田舎に引っ越してきて、最近の選挙といえば、6月にあった県知事選挙だ。
mizokawa
溝口紀子と川勝平太の一騎打ちで、まあ結果は見えていたから、ダンナとの間でさして話題になることもなかった。子どもたちには、学校前にある選挙ポスターの掲示板を見ながら「この人たちのどっちかを選ぶんだよ」という選挙の話はしたけれど、それだけだったと思う。

あれから3か月ほどが過ぎた今日。
学校から帰って漫画を読んでいた三男が、なにやらシリアスな声を出して言う。

三男「ねえ、ママ」
私 「何?」
三男「これ、川勝と溝口じゃない?」
私 「?」

そして三男が示してきたページを見て、噴いた。

pascal

さすがに、これはないでしょ~(笑)。
でも言われてみれば平太はちょっと似てるかも(笑)。

ってか、小学生が読む漫画の内容でこれか!
いろいろ、ツッコミどころが多すぎて言葉が出てこない

まったく、最近の漫画は何を描いてるのよ……と思いつつも、三男の思いつきにもびっくりした。短期間にちらっとしか見なかったポスターを、よく覚えているんだなあ。そういえば我が家の双子は、私が全く知らない指名手配人物の名前なんかも知っている。週に1回行く体操教室の壁に貼ってあるらしい。2年生の記憶力ってすごいなあ。

ちなみにこの漫画、『100%パスカル先生』という。大方の少年ギャグマンガの例にもれず、大人の私から見れば、下品で全く面白くないけれど、子どもたちはいたく気に入っている。早く卒業してくれないかな~。

チア☆ダン

長男から、「青い季節」という歌を聞かせてと依頼があった。何の歌かと思っていたら、半年ほど前に公開された映画『チア☆ダン』の挿入歌だった。「あー、観たいな~」と思いながらもそのままになっていた映画。それを何で今更?と思ったら、来週に迫った運動会で、ダンスをする時に使う曲だそう。適当に音源を探し、何曲か聴いてみる。
と、「あ、俺たちこの踊りやるんだ」と長男。

ちょこっとアレンジはしてあるけど、わりとこのダンスのカバーらしい。一緒にそれを見ながら、長男に聞いてみた。

私 「お母さんも昔、こういうのやってたって知ってる?」
長男「よくこんな恥ずかしいことすんね」

……そうきたか。
まあね、確かに「見られる」というのは恥ずかしいんだけど、みんなで一つの作品を作り上げる過程とか、曲に合わせて動ける楽しさというのは、恥ずかしさを凌駕するものなのよ。そういう楽しさ、君にはまだわからないかなー。いや、ニヒルボーイには、もしかしたらずっとわからないかもしれないなあ。

でも、母は知っているのだよ。君がセンターで踊ることを。

もちろん、長男がうまいからでは全くなく、演技構成上、背の順とかそういう理由でだろうけど、最前列のど真ん中らしい。長男は、自他ともに認める恥ずかしがり。恥ずかしくて人前に出れないということはないけれど、恥ずかしいと思っている気持ちが見ている人にも伝わってしまうくらいの重度さ。まあこれは、場数を踏んでいくしかないと、幼稚園のころから歴代の担任の先生と話してきた。
見せてもらおうじゃないの、君が成長する過程を。

ああ、アタシも入れて♡

失礼なこと

1号「今日、Mちゃんのお弁当、ハンバーガーだった。ぼくも今度そうして」
私「お母さん、お弁当用にハンバーガーなんてうまく作れないよ。Mちゃんのお母さんって、料理の免許もってるんだよ。だから上手なんじゃない?」
1号「え、お父さんもコックさんだよね」
私「そうだね」
1号「じゃあ、きっとウチと違って、いつものご飯も美味しいんだろうね」
私「そうだね、美味しいと思うよ」
1号「あ、ちょっと今失礼なこと言っちゃった。テヘ」

そして2人で爆笑。
何と言うか、1号は愛されキャラだわ~。

嘘について

今週は参観会がある。「お子さんの良いところを発表していただきたいと思います」と親にも課題が出た。そこで早速考える。

私 「君の良いところって、何だと思う?」
長男「何だろうね」
私 「お母さん、真っ先に思い浮かんだのが、君が何か食べてるときに『一口ちょうだい』って言うと、嫌がらないでくれるところなんだけど」
長男「そんなのダメだよ。もっといいこと言ってよ」
私 「え、ケチじゃないって、美徳じゃん。じゃあ他に何かある?嘘つくわけにはいかないしさあ」
長男「いいこと言っておけばいいんだよ。『嘘も方便』って言うでしょ」

……アンタ、すごいね。
10歳前のくせに、なんて処世術を身につけてるのよ……。
Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。