スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29週目の検診

昨日は検診だった。ある程度予想はしていたけど、結果はなかなか厳しかった。体重は気をつけて毎日量るようにしているのでそんなに増えていないんだけど、一番深刻なのは子宮頸管が短くなっていること。

子宮頸管というのは本来、3センチあればよしとするものなんだそうだ。それが私の場合、だんだん短くなってきて(つまり子宮が下に降りてきて)、今は2.6センチなんだとか。たった4ミリでも、ずいぶん違うらしい。そして前回の検診では大丈夫だったけど、子宮口も柔らかくなりつつあるらしい。これはつまり、私の体が出産の態勢に入っているということだ。

お腹のBabyたちは、1人は1200gちょっと、もう1人は1300gほどだと言う。合わせて2500gを超える。これは単体妊娠であれば臨月に相当し、出産に備えて適度なストレッチをしたりしながらいつお産が始まっても良いように備える時期だ。

そう考えれば、私の体は正常なんだろう。子宮頸管が短くなるのも、子宮口が柔らかくなってくるのも、お腹が張ってくるのも、すべて私の体が出産に向けて正常に機能しているということだ。通常と違うのは、多胎妊娠であるということだけ。

もともとヒトの体というのは1人を妊娠するようにできていて、多胎妊娠というのは異常なことらしい。もちろん産めるけど。だから、今回の結果を受けて残念だとは思わない。これからは薬や点滴を使って、できるだけBabyたちをお腹の中にとどめておくということが始まる。多胎妊娠という異常事態には、やはり人工的(というか反自然的?)ではあるけれどそれなりの対応をしなくてはならないのだ。

ついでに、血糖値も高くなってるし貧血だし、タンパク尿もちょっと出ているらしい。日々気をつけているのにこれなんだから、そろそろ管理入院も本当に必要な時期なのかなあと思いつつある。

ぼんを残して2カ月も入院するのは確かに気がかりだけど、そういう状況なんだから仕方ない。兄弟なんて、お互いが我慢して譲り合って、どこかで折り合いをつけながらやっていくものなのだ。そうしてみんなが「家族」になるんだ。……と思ってはいるけれど、やっぱり入院はできるだけ短い期間のほうがいいなあ。次の検診は来週。タイムリミットまでもう少し、気をつけていよう。
スポンサーサイト

テーマ : 妊娠日記
ジャンル : 育児

セージのうがい薬

sage


子宮伸縮を抑える薬の副作用のせいなのか、それとも単に風邪の引き始めなのかわからないけれど、ここのところずっと喉が痛い。部屋の加湿器をつけても治らない。

ダンナはイソジンでうがいしろと再三勧める。でも私、イソジン嫌いなんだよね……。そう言うと「そんなこと言ってる場合か!」と言われるだけなので、自分でうがい薬を作った。作った、と言ってもハーブを煎じて、エッセンシャルオイルを入れただけだけど(笑)。

煎じるのに使ったのはセージとミント。セージだけで十分らしいんだけど、口をすっきりさせるためにミントも入れてみた。そこにエキナセアのエッセンシャルオイルを10滴ほど。これでガボガボうがいができる。良くなるといいなあ。

テーマ : 妊娠日記
ジャンル : 育児

27週の検診

ずっと更新しない+できないでいたブログだけど、ぼちぼちまた再開することにする。今回は2カ月後に出産を控えているから、いつまで書けるかわからないけれど。

先日の火曜日、検診があった。年末に何やらウィルス性のものにやられて体調を崩し、吐くなどしたために体重増加については全く問題がなかったけれど、子宮頸管が短くなっているとかで、自宅で安静にするようにと言われた。

子宮頸管が短くなるというのは早産につながる兆候で、これで子宮口でも開いてきたら、多分即入院となるだろう。幸いまだ子宮口は開いていなかったので、自宅でできるだけ横になっているように、ということだった。起きれば起きただけ子宮が下がってしまうので、それを予防するには寝ているしかないんだとか。

お腹の張り止めの薬も、ちゃんと飲むように言われた。副作用があることもあるし(動悸が激しくなる、胸が詰まって吐くときのような気分になる、など)そういう薬はできるだけ飲まないでいたいけれど、処方されたウテリンという薬には、子宮が伸縮するのを抑える働きもあるんだそうだ。

お腹の子たちは、それぞれ1100gほど。これに羊水の量などを足すと、私の体はすでにマックス近くになっているらしい。お腹がある程度大きくなると、子宮は勝手に伸縮を始め、お産の準備に入ってしまうそうだ。今生まれても生きていくことはできるけど、まだ大切にお腹の中に入れておかなければいけない。そこで薬をしっかり飲め、というわけだ。

ぼんのお迎えについても「止めた方がいいですね」とのこと。あらまあ。何やら一気に大変になってしまった。来週、出社する予定でいたけれど、近所へのお迎えもできないのに1時間もかけて仕事に行くなんざもってのほかだろうということで、早速社長に連絡しておいた。これからしばらく、また皆さんにご迷惑をおかけする時期になる。まあ、今までもだったけど(笑)。

あと2カ月ほどの妊娠期間を、順調に過ごせたらいいと思っている。

テーマ : 妊娠日記
ジャンル : 育児

玉ねぎドレッシング

会社の同僚が新型インフルエンザを発症したので、さらに食べ物に気を使うようになった。予防注射がインフルエンザを予防するものではないと知ってから予防接種は受けてないので、インフルエンザをできるだけ避けるためには、良く食べ良く寝て、免疫力を高めるしかないのだ。

ということで、今日は久しぶりにサラダ用に玉ねぎドレッシングを作った。
レシピは以下の通り。

玉ねぎ 1つ
にんにく 1かけ
オリーブオイル 大さじ5
酢 大さじ5
醤油 大さじ1
はちみつ 大さじ1
オレガノ 少量

オレガノは、妊婦は避けるようにと言われてもいるけれど、大量を接種するわけじゃないし、成分の濃いエッセンスを使用するわけでもないので入れてみた。味は、……多分、おいしいでしょう。(まだ食べてない(笑)。)

テーマ : 妊娠日記
ジャンル : 育児

疲れない生活

数日前まで、母がヘルプに来てくれていた。何があったというわけではないんだけど、私のお腹が大きくなり、日々のあれこれが少しずつ大変になってきたからだ。母としては、ぼんにもそろそろ会いたいし、私の様子も見ておきたい、というところだったのだろう。

今回は、私は本当に何もしなかった。料理、皿洗い、洗濯、風呂掃除、ぼんのお迎えなどなどのすべてを、母とダンナに任せた。私がやったことといえば、毎朝のぼんの服選びくらい。あとはひたすらゴロゴロしていた。

そんなにあれこれやってもらったのに、「あ~~、楽をした~~」という気もたいしてしなくて、感謝していないわけじゃないのに感謝の度合いが低いような、変な気分だった。そして今朝、その理由が分かった。

今朝はぼんと一緒に起き、朝食の準備をしていたダンナを手伝って台所に立った。パンを切ったり果物の用意をしたりしてテーブルに座るとき、ふと、疲れたな、と思った。大したことをしてないのに、なんでだろう……と思って気づいた。「ああ、ここ数日、私は疲れなかったんだ」ということに。

そして、もうそういう時期であることにも気づかされ、気が引き締まった。そういう時期、というのは、本当に自分とお腹の子のことだけを考えた生活をする時期、ということ。気が弱っているわけではないのであれもこれも気になるけれど、もうそんなことに対処している時期ではないのだ。

ぼんがこぼしたパンくずがテーブルの下を汚していようとも、いちいち気にしてはいられない。疲れたな、と思ったら、ひたすら休むのだ。「30分動いたら30分休むように」とモノの本には書いてある。「そんなの無理でしょ、上の子いるし」と思っていたけれど、どうやら本当にそういう生活をしたほうが良さそうな状態になりつつある。

テーマ : 妊娠日記
ジャンル : 育児

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。