母は若し

今日は仕事で、初めてお会いする人とお話をした。彼女は私よりおそらく数年(?)年上の先輩ママさん。話の冒頭、私が「今日は子どもも連れてこようかと思ったんですけど……」というと、その先輩ママさんは「え~~~!!?お子さんがいらっしゃるの=kao-a17=!?」と驚いてくれた。「一瞬、学生さんかと思ったんですよ」と。


いや~~~。そんなーーー。=kao-a18=


私はもっとずっと若いときから、実年齢より下に見られたことがない。日本人の年齢の見当がつかない外国人からの印象は別にして、すでに高校1年生のときには「短大生かと思った…」と言われたほどだし、普段でも2,3歳は上に見られる。


これは私の見た目が老けて


いやいや、落ち着いて見えるからなのかもしれない。っていうか、仕事や活動なんかの環境が、私を大人にしたのだ。実際、今だって年齢よりもっともっと上のフリをしたくなるような場面もある。そういう環境に身を置いていれば、年上に見られるのは当然。……と思っているので、今日のように素直に驚いてくださる方に会うのは、実に珍しい。


ってか、アタシ、普段は仕事とかで大人ぶっちゃったりなんかしてるけど、素になれば結構いけるかも~~~?=kao-a12=


……ああ、すみませんすみません。=face_12=
Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード