スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

け、腱鞘炎?

PA290007.jpg 土曜日の朝、起きたら左手が痛かった。フンフンむずかっているBabyを抱き起そうとしても、手首を曲げると痛い。というより動かせない。げげっと思った。=kao-a13=しばらく大事にしていると、手は少しずつ動くようになった。Babyと一緒に昼寝をした後、痛みは引いていたけれど今度はしびれがあった。むむむむむっ。


「腱鞘炎なんじゃない?」とダンナは言う。そうかもしれない。でも腱鞘炎って、よく聞くけど自分がなったことがないのでどんなものなのか、見当もつかない。ちょこっとネットで調べてみたら、なんと治りにくいと書いてある上、しばらく手を休めるようにとも。赤ん坊を育てていて手を使わないようになんて、そんなの無理です~~~。=kao-a10=


月曜日、ほとんど手首に支障はなかったけど事が大きくなって後々に響くと面倒なので、念のため整形外科=hospital=を受診した。先生によると、骨に異常はないのでどうやら“狭窄性腱鞘炎”なのではないかという。ドケルバン病ともいうこの症状は、妊娠中や出産後、更年期の女性に起こることが多いという。
さらに出産後は抱っこすることでこれまでにない頻度で手首を使うので、手首も少々疲れ気味なのではないかとのこと。そして、治るのはホルモンのバランスが通常に戻ったとき、つまり授乳の必要がなくなったときだという。そんなの、普通に考えれば1年後じゃないですか……。はう~~と思いながら、どうにもしようがないので、手首のサポーターを買って帰ってきた。

ダンナは「腱鞘炎になる人はいるみたいだけど、それにしてもBabyの誕生から2か月ちょっとで、(なるのが)早くない?」と言う。確かに知り合いの先輩ママは、10カ月のときになったらしい。確かに今の時点で腱鞘炎になんかなってたらこれから大変。でもさー、うちの子、重いんですもの。=kao-a06=3500グラムで生まれて、きちんと量ってないけど今は6キロを超えているはず。何の運動もしてなかった私に、毎日何十回というBabyの抱きかかえがこたえないわけがない。出産前にもっと体を鍛えておくべきだったと常々思うこの頃です。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。