スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育て中にすること

kokka.jpg 最近は、昼間Babyが寝ているときに本を読んでいる。「Babyが寝ているから私もちょっとでも休まなきゃ」と思っていた頃とは違って、子育てにも少し余裕が出てきたんだと思う。


このところ手にしていたのは、外務省を起訴休職中の佐藤優さんの本。『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』からはじまって『獄中記』と『国家と神とマルクス』を読み終えた。佐藤さん自身の言葉づかいは難しくないんだけど、彼の言説を構成する知識が私には著しく欠けていて、背景を理解するのにかなり無理した。


マルクスやハーバーマス、フーコーなどなど、かつて指導教官の先生から「読むと良いよ」と言われていたのに「こんな難しいの、理解できない~~」と逃げたままにしていたものがワンサカ出てきて、当時の不勉強をめずらしく反省したのでした。


妊娠中や子育て中には、何かと自己研鑽に励む人が多いらしい。妊娠がわかって退職し、再就職に向けて資格を取るために勉強しているというケースも結構多そうだし。


私の場合は仕事を続けているので、復帰した時に、佐藤さんにアプローチできたら面白いと思う。……思うんだけど、そのためには勉強しないといけない。しかもかなり本格的に。


……うーーん。もうしばらくはのんびり子育てするかなあ。=b-kumori=

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。