母親の風邪

pill.jpg 風邪をひいてしまった。急に寒くなった気候の変化に対応できなかったのか、1ヶ月間1人でBabyのお世話を頑張った疲れがでたのかわからないけど(ダンナはいたけど)、喉が痛くなって鼻水が出るようになり、体もだるくなってしまった。こんなときのBabyのお世話は大変だ。


何が大変って、目下のところはあやすこと。声を出して「いい子だね~」とか「そうなの~」と言うのが辛い。喉が痛いので、できることなら黙っていたい。


次に大変なのはお散歩。ベビーカーのあげおろしも大変だし、寒い戸外に出ていくのもだるい。できることならお散歩はなしにしたい。


でもどうやらダンナも風邪をひいたらしいので、ヘルプはあまり期待できない。私のことを気遣ってくれはするものの、「風邪をひいた」と言ってさっさと薬を飲み、ひとりでガースカ寝るような奴である。私も薬、飲んじゃおうかな。


唯一の救いは、この風邪がBabyにうつる心配がないだろうということ。母親の免疫をもらって生まれたBabyは、その免疫が切れる6か月ごろまでは病気にはなりにくいという。母親が飲む薬についても、微量であれば母乳を通して著しい影響が出ることはないらしいし。でもしんどいから、早く治そっと。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード