絵本の読み聞かせ

mokomoko.jpg まだ、本というものを理解するには早いかもしれない。それでも我が家ではしばらく前からBabyに絵本を読み聞かせている。もちろんじっと聞いている時の方が少ない。たいていは絵本を取り上げ、端っこをガジガジと噛むことに終始するのだが、今はそれでもいいと思っている。


目下のところ、お気に入りは2冊。『じゃあじゃあびりびり』という擬音語を多用したものと、『もこ もこもこ』という谷川俊太郎の作品。どちらも名作らしい。私は『じゃあじゃあびりびり』をよく読み、ダンナは『もこ もこもこ』を利用することが多い。


絵本の読み聞かせは、たいてい私の方が上手だと思っている。こんな低月齢の赤ちゃんには、書かれてあること以外を話してあげることが大切らしく、そういうのは私の方がすらすらと口から出てくる。でも『もこ もこもこ』は、ダンナにはかなわない。


ダンナがなにかを話すわけではない。ただ読むだけ。でもその読み方がものすごく感情こもっていて、Babyはその声を聞くだけでケタケタと笑う=kao-a18=くらいだ。


『もこ もこもこ』は不思議な話で、何やらわからないものがまた何やらわからないものを食べ、それが繰り返されていく話。多分、ストーリーなんて確かなものでなくていいのだ。「これ、なんだろうねえ」とか「食べられちゃったね」とか、そういう風に話を展開させていけばいいんだと思う。でもダンナはそんなことを一切しないで思いっきり感情をこめて読み、Babyをとりこにしている。これまたよし。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード