あ、足が……

leg.jpg 昨日の朝、びっくりしたことがあった。まだベッドから起き上がらずに、「今何時かな~?」と思っていたような時間帯のことである。


ふくらはぎがいきなりつったのだ。妊娠前にも軽いものは何度かあったので、今回もなんとなく“つりそうな感覚”を感じとってはいたものの、たいしたことないと思ってやり過ごしていたら、きた!


「あいたたたた…」と思わず声がでそうになった。そのかわりに「…くぅお~…」と声にもならない声が出て、慌てて足の甲を手前に折り返した。が、それにさえも抗うような強烈な痛み。初めてのことで、びっくりした。


しばらくベッドでそのまま休み、ようやく起きて片足を引きずりながら台所にいたダンナに報告する。「足がつっちゃったよ……」。ダンナは嬉しそうな顔をして、「妊娠中には(つることが)あるんだってね。ようやくきたか」とのたまう。通過儀礼の1つとでも思っているらしい。
実際は、そんなもんではないのだ。痛さに自分でもびっくりするくらいで、会社に行く支度をするときも、駅で電車を待っているときも自分の体重を支えることさえもきついくらいの余韻(?)が足に残っている。

こんなんじゃ、もっとひどかったら通勤できないんじゃないの、と思ってネットを調べてみると、先輩ママの体験談が出てくる出てくる。

「寝ているときも叫び声を上げるぐらいよくつっていました」
「眠っていると突然ふくらはぎがつり、妊娠中期から始まりおなかが大きくなるにつれてひどくなりました」
「妊娠中の足がつるのは妊娠してないときより痛いです」

…痛さ慣れしていない私は、これを読んだだけでもうびびりまくり。極めつけはこれ。

「旦那もはじめのうちは『大丈夫?』なんてマッサージしてくれたりしてましたが、そのうち私がどんなに苦しんでいても起きなくなりました」

あう~~~。「どんなに苦しんでいても」だって……。そんなにもだえるのだろうか……。

ウチも、ダンナが寝ているときであれば私がちょっとやそっと苦しもうと起きないのは折り紙付きだ。これはいかん!!まあ起きてもらったって痛さが治まるわけではないから仕方ないけど、妊娠中期から後期にかけてこの「こむらがえり」は頻繁に出てくるというから、なんだかビクビクしている。

ちなみに原因は、「体重が増えてきて筋肉の負担と血流が悪くなったため」らしい。確かに足の筋肉は元からない上、体も重くなっている。せめて毎日お風呂に入ってマッサージして、適度に運動をしようと固く思った。

おことわり:写真の足は、私のものではありません。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード