スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒乳のとき

昨日、Babyが生まれてから初めて、24時間以上母乳をあげなかった。


先日から乳頭を怪我していて、一昨日、とうとう授乳時に血が出た。そりゃー痛いのなんのって。さすがに叫びはしなかったけど、涙が出そうなほどだった。それで、ちょっと授乳は無理だなあと思っていた。


最近は授乳の回数を減らしていて、夜起きたときだけ、母乳にしている。今、Babyは夜中に1回起きる。12時だったり4時だったり、時間はまちまちだけど、必ず1回起きる。でも今回怪我をして、こんな乳頭をさらにくわえられたら痛くて死にそうになるだろうと思われるので、夜起きたらミルクにしようと思っていた。


ところがBabyは昨日、起きなかった。私が授乳回数を減らしてきたのは、そろそろ夜起きなくなる頃だと育児書に書いてあったこともある。私の授乳は最初からトラブル続きで、はじめは8月生まれのBabyだから、年内までもてばいいと思っていた。年が明ければ離乳食が始まるから、母乳に頼らなくてもいいだろう、と。


年が明けたら、3月まで授乳できれば上々だと思った。4月から少しずつ仕事に復帰することにしていたので、乳腺炎にならないためにも、ある程度授乳の回数を減らしておく必要があった。そして今。離乳食は3回になり、牛乳も問題なく飲めるようになり、さらに夜起きなくなったら、授乳にこだわる理由がなくなる。


母親の中には授乳しなくなるのは寂しいと言って、2歳を過ぎても授乳している人がいる。おっぱいの効能が再評価された今では、別に珍しくない。私も、特に問題がなければ、1歳になるくらいまでは授乳を止めることは全く考えなかったかもしれない。


でも。トラブルが多いし、Babyもおっぱいに執着しないし、離乳食は順調だし。こうした要因が、私とBabyの「やめどき」につながるのかもしれない。そろそろかな。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。