最近の成長ぶり(食事編)

昨日はBabyの暮らしについて書いたので、今日は食事時に気づいたBabyの成長ぶりについて。


・スプーンを持って自分で食べるようになった=spoon01=
 もうすぐBabyは誕生日を迎える。前々から、誕生の日のごはんはすべて手づかみできるメニューにして、Babyの意欲を思いっきり満足させてあげようと思っていた。ところがすでに「手づかみしたいしたい時期」は通り越してしまったらしく、「親の使ってるものを持って食べたい食べたい時期」に突入したらしい。ナイフであれ箸であれ、親の手から取り上げてお皿のものをつつき、口に運ぶ。もちろんうまくいくわけない。中途半端にスプーンなどをつかうと、お茶碗の中のものが四方八方に飛び散ってかえって後始末に手間がかかるので、私としては手づかみで食べてもらった方が、被害の範囲が狭くてありがたい。が、ここは耐えねばならぬ。内心では「きゃ~~、やめてーーー」と雷鳴がとどろく=kaminari=ほどに大騒ぎして止めさせたいのだが、“道具を使って自分で食べる”というのは避けては通れぬ重要な発達段階。嬉々として食事をする(?)Babyの隣で、私は努めて平常を装おうとしている。=b-kumori=


・食べさせてくれるようになった
 Babyは最近、ある程度お腹がいっぱいになってくると、自分の手に持ったものを私に食べさせてくれるようになった。ちぎったパンの耳であったり、こぼれたニンジンであったり、私としてはあまりありがたくないものが多いのだが=face_13=、小さな指で不器用につまんで私の口元に運んでくれる姿勢はとてもかわいいので、ありがた~~くいただいている。=kao-a02=

コメントの投稿

非公開コメント

広岡先生、こんにちは!
赤ちゃんって何でも食べますよね。うちのBabyはようやく少し落ち着いてきたようですが、お気に入りの本でさえも、今では噛みちぎられてぼろぼろです・・・・・・。

近所に住んでいる5番目の孫が生後7ヶ月なので、この子もまもなくこんなふうに成長するんだなと思いながら、いつも楽しく読んでいます。
最近、孫は何でも口に入れて噛んでいます。噛む力も強くなりました。オオカミみたいです。
 とくに紙が好きで、ときどき封筒の角などがちぎれています。あわてて指を突っ込んでかき出すのですが、手遅れのときもあります。それで「山羊オオカミ」というあだ名を付けました。
 きのう山羊オオカミちゃんは、わたしのご飯茶わんに手を突っ込んで、ご飯粒をぐちゃぐちゃにしていました。もったいないから食べました。
 でも、です。3歳の孫がぐちゃぐちゃにしたのは食べられないですねえ。

おばちゃん、こんばんは。
ほんの今の今までお皿に入っていたものなので不潔じゃないけど、まああまり口にしたくない感じではありますね。それでも一応食べてあげます。親ですから(笑)。

こぼれたニンジンをギュッと握ってヨレヨレになったヤツをくれるんでしょう? キャー不潔!・・・・・などと言っていられないところが子育ての不思議なところですねぇ。 
Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード