成功する顔

goodface.jpg 昨日、ダンナとBabyと3人で散歩していたときのこと。抱っこしていたBabyがあまりにも重くなり、駅前広場で下におろした。Babyは近くにいた鳩に興味を示し、近寄っていって手を伸ばしたりしていた。


駅前広場にはベンチがあって、1人のお婆さんが腰掛けてBabyを見ていた。Babyが鳩を追いかけてベンチに近寄っていくと、お婆さんが言った。「いい顔してるわね」。
私は「ありがとうございます」と応えたものの、「いい顔」という言葉にうっすらとした違和感を覚えた。「かわいい顔」とか「はっきりした目鼻立ち」というわけでもなく、「いい顔」。

そんな私の微妙な気持ちを察したのか、お婆さんは続けて言った。「私、相の勉強をしてたことがあるからわかるのよ。この子、いい顔してるわね」。

なんだ、そういうことだったのか。顔の相かあ……。考えたこともなかったけど、いい顔と言われて悪い気はしない。もう一度「ありがとうございます」と言って去ろうとした私たちに、お婆さんは最後の一言をくれた。「成功するわよ」。

なんとも不思議な時間だった。何に成功するのかわからないけど、お婆さんの言うとおりだとすればBabyは成功しておそらくはハッピーになるのであろう。親としてそれはありがたい。言葉どおりになると良いなあ。だけど私としては、Babyの前にダンナに成功して欲しいんですけどね。

写真:「いい顔」と言われた顔のアップ……

コメントの投稿

非公開コメント

だって、サラリーマンの成功でも1部門の責任者になるだけではなく(責任の程度はいろいろさまざま)、「このことならあの人に聞け」とか、「この人が言えば絶対だ」と言われるのも一つの成功と言えるでしょう。
なんだかわからないが、その人の周りに人が集まるというのは、成功とは言わないかもしれないが、うらやましがられる存在です。
サラリーマンでなければ、いろいろありすぎてきりがありません。
もっとも、人が何と言おうと、自分が「これでいいのだ」と思えばいいのですけど。

広岡先生、こんばんは。
今度はダンナにもコメントさせてみます。受け入れるかどうかは……私の力次第か(笑)。

中西さん、こんばんは。
ダンナへの「成功」の意味と違うんですか??そう??

おもしろいですね。読んでいて、ついにっこりしましたよ。
この際ダンナさんのコメントが聞きたいです。
ぜひ書き込むようにおっしゃってください。

「成功する」て、いろんな意味があるからねー。
冷や水をかけるようだけど、ダンナさまに期待されている「成功」とは違う意味の「成功」になる可能性の方が高いと思いますよ。
どんな「成功」になるか、楽しみができて良かったですね。
Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード