スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越すことになった

movingbox.jpg 私はできることならBabyを保育園に預けず、幼稚園まで自分で面倒を見たいと思っている。新生児のころと比べ、少しずつ目を放していられる時間も増えてきたし、何より日々成長しているBabyを間近で見るのは楽しいし=kao-a01=。でも仕事のことや家計のことなどあれこれ考えると、一人気軽に「専業主婦になる!」と言うわけにもいかず、多分Babyは4月から保育園に通うことになると思う。


その保育園にもすでに数回足を運び、下見という段階も終わった。そして次は、……引越しである。
「赤ちゃんのために引越しなんて、なんて教育的なの=kao-a17=!」と、知人がお子さんの保育園のために引越ししたと聞いたときは思った。そこまで教育熱心なのか……と。

でも、いざ自分の番になってみるとやはりあれこれ考える。というか、今住んでいるところの近くには、保育園がない。一番近くの区立保育園と言っても、徒歩で15分はかかる。しかも駅とは反対方向。朝、Babyを保育園に送っていって、それから自分は仕事に……、なんて、それだけで1時間くらいかかってしまいそう。しかもこれと言って特徴のあるわけではない区立なので、「公立は結構ピンキリだよ~~」という友人の先輩ママの言うとおり、どっちかって言えば「キリ」に近いような感じがするし。=face_13=

このまえ隣の駅の近くにできた私設の保育園は、設備も食事内容もいい感じだったけれど、保育費がびっくりするほど高かった。なんと月極め保育で13万円=kao-a11=。プラス、おやつ代や延長保育代なんかがかかる。保育費で13万円もかかるなら、仕事しないで家にいるのとたいして変わらないじゃないの。

保育ママという手も考えた。でも区に登録してある近所の保育ママに連絡したところ、すでに待ちが3人もいて、「多分無理だと思いますよ……」とのこと=b-kumori=。要するに、今住んでいるところでは手詰まりなのだ。

そこで考えたのが、引越し。もともと今住んでいるところで子育てするなんて考えていなかったし、家賃も高い。幸い、目を広げて保育園を探したところ、ダンナの知人が運営しているNPOに、保育園をやっているところがあった。見に行って話を聞き、私も好印象を持った。そしてその近くに、私たちが住めそうな住居も確保できそうだった。「こりゃー引越しかねえ」と言っているうちに、あれやこれやという感じに話が進み、とうとう引越しの運びになって、今日、さっそく必要経費を振り込んできた。引越しは来月の頭。

さあ、これから引越し準備です!=b-ganba=

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。