お腹の張り

先日、少し仕事が長引いて、いつもより遅く帰宅したときのこと。帰りの電車の中から、どうもお腹が張っている感じがあった。なんとなく気になって、お腹に手を当ててドアに寄りかかりつつ数駅を越えた。疲れているサラリーマンでいっぱいの車内では、もちろん誰も席を譲ってくれなかった=kao-a14=。


最寄り駅を出て家まで歩く数分の間に、さらに張ってきた。一歩一歩足を踏み出す度に、その振動がお腹まで伝わってなんだか気分がよろしくない。
家に着いて、先に帰っていたダンナに「どうもお腹が張るんだよね」と言いつつ自分の腹部を見てみると、大きい!こんなに大きかったかしら??、と問う私にダンナは「きっと張ってるからだよ」と言って、早速数種のマタニティ雑誌を持ってきてくれた。

それらの雑誌によると、お腹の張りには大丈夫なものと危険なものがあるらしい。妊娠期間中にお腹が張るのは普通にあるらしいんだけど、それが切迫早産の印だったりする場合もあるという。お腹が痛くなければ大丈夫なようだけど、対処法としてはとにかく安静にすることと書いてある。

痛いわけではないから大丈夫だろう、とわずかに痛いような気を打ち消して安心してみるものの、いつもにない張り具合なので、安静にすることにした。

そのときに初めて知ったんだけど、「安静に」というのは、椅子に座ってリラックスすることではなく、横になって休むことを言うのだという。その日は、家事もせずに「安静に」した。=b-oyasumi= 出血もなかったので、まあ通常通りの張りだったんだろうと思う。妊娠には、いろいろなことがあるなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード