スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Babyの成長

Babyは最近、ベビーカーに乗るのを嫌がる。そこで引っ越してきてからというもの、私と2人のときはもっぱら抱っこと徒歩で外に出る。


Babyはこれまでのところ、何でも成長が早かった。寝返りをするのも、歯が生えるのも、立つのも歩くのも、みーんな育児書の「この頃から始まります」という時期を前倒しして始まった。だからなのだろうか、1歳4ヶ月で、全く物怖じせずにとても上手に外を歩ける。何もないところで転ぶことは最初からなかったし、「お母さん行っちゃうよ~」と私が走る素振りを見せれば、Babyもいそいそいそと歩調を速める。


初めての子だから、早く何かができるようになるのを見るのは、とても嬉しい。もうしばらく経てば、おしゃべりをするようになったり、走ったりするようにもなるんだろう。


ただその一方で。
自分の思うままに歩いて葉っぱを触ったり、落ちている空き缶を拾ったり。Babyは今、自らの意思で世界を広げることを純粋に楽しんでいる。でもそのあまり、親の介入を許さないときもある。

「Baby、行くよ」と手を差し出しても、私の手を無視して一人トコトコと歩を進める。「あら、手ぇつながないの?」と言って安全性を気にしつつ私はBabyの傍を歩くのだが、今朝、はっと気づいた。赤ちゃんはこうして成長していくのだ。差し出された親の手を取らず、自分の意思で、自分の足で歩いていく。

Babyがまだねんねの頃、笑いかけると微笑むことがあった。それを見たダンナが「今が一番かわいい時期かねえ」とつぶやいた。まさかまさか。そのときは「これから、『おいで』と手を広げれば抱っこしてきたり、『行こうか』と手を出しだせば小さな手が握り返したりしてくるんだよ。かわいいのはこれからでしょ~」と言い返したけれど、我が家の小さな人は、すでに気が向かなければ抱っこしようと広げた手の横を素通りして行くし、差し出した手は「やっ」と言って振り切る。

Babyは、もう赤ちゃんを卒業したのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

広岡先生、こんにちは。
巷では、「孫は来て良し、帰って良し」と言うそうですね(笑)。子育て真っ最中の我が身ではそんなことはとても言えませんけど。

たっちしてよちよち歩きするころから、だんだん手に負えなくなっていきますね。その少し前から何でも口の中に入れるようになっていますしね。さっきまで2歳の子と11ヶ月の子といっしょにいたんですが、かたときも目が離せませんでした。くたくたになりました。とても可愛いのですが、同時にまた別れるとホッとします。
Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。