スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ発症

インフルエンザなどというものにかかってしまった=face_04=。Babyではなく、私がである。しかも状況の悪いことに、時を置かずしてダンナにも移してしまったので、2人でひーひー言いながら何とか1週間を過ごした。


何が大変って、もちろんBabyのこと。幸いにも私からのウィルスをブロックしたらしいBabyは、1人元気で遊びたがる。両親ともに寝ていても、「あっちいこーよー」「掃除機かけてよ~」「お絵かきしてよ~」といった具合でひっきりなしに動く。


「ごめんね、お母さん、ちょっと体調悪いからねんねする。1人で遊んでてくれる?」とお願いしても大した効力はない。かといって元気なBabyに付き合うほどの気力も体力はさらさらない。
誰かに預けようにも知らない人のところには行かないし、この状況がわかっておりこうにしているほどの分別はまだないし……。実家の母か義母を呼んで助けてもらおうかとも思ったが、何しろインフルエンザ。年寄りがかかったら死んでしまう。仕方なく、その日少しでも体調の良さそうな方が動くといった数日だった。

あまり頻繁に熱を測っていたわけではないので、ピーク時はもっとあったのかもしれないけど、体温計が記録した私の最高値は38度9分=kao-a17=。プラス咳と頭痛があって、悪寒と発熱を繰り返して、落ち着いてきたら鼻水が出て……という絵に描いたような病人っぷり。ウン十年生きてきて初めてかかったインフルエンザは、それなりに厄介だった。=face_04=

Babyがもう少し大きくなっていれば……と願ったりもしたけれど、多分、病気の「かかりどき」なんていうのはないんだろう。これが妊娠時であったらきっともっと心配しただろうし、Babyが新生児のころだったら、お世話ももっと大変だっただろうし。

それに、病気が治るときというのはやってくるもので、私は今日から仕事に復帰。まだちょっとしんどいけど、今週末くらいは、外に買い物にでも出ようという気になるだろう。そうしたら、まあなんとかおりこうにしていたBabyに、新しい絵本でも買ってあげようかな。=kao-a05=

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。