スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肋骨にヒビ

rib.jpg 肋骨に、ヒビが入った。Babyではなく私のことで、原因は咳のしすぎだという。なんてこったい。=face_04=


インフルエンザを発症して以来、どうにも咳がおさまらなくてその後しばらく、ずっとゴホゴホやっていた。ゴホゴホ程度ではおさまらず、ウェーッホウェーッホなどという類人猿のような咳の仕方だった。


さすがにそれでアバラ骨君もまいったのか、次第に咳をすると左胸の下が痛くなってきた。寝返りをしても痛い。夫にちょっとぶつかられようものなら、「いたーい」と言ってうずくまってしまう始末。それでも「これは筋肉痛なんだろうか……」などと思ってやり過ごしていた。


が。
先週の金曜日。会社にいたふとした瞬間から、いきなり痛み出した。何をしたわけでもないんだけど、キリキリといったような痛みが続く。脂汗こそ出ないものの、さすがに自分でもちょっとおかしいかも、と思うくらいの痛さだった。

ぐうぅ……、と思いながらネットで調べてみると、咳のしすぎが原因で胸が痛くなるのは3つが考えられるそうだ。肋骨骨折、肋骨にヒビ、筋肉痛。小さな子どももいるのに骨折なんてことになったらえらいこっちゃと思い、その日は会社を早退してそのまま整形外科=hospital=に向かった。

長らく待たされた整形外科でレントゲンを撮ってもらい、丁寧に説明してくれた先生の話によると、私の状態は「不全骨折」であるという。ポキッと折れてはいないものの、いわゆるヒビが入っている状態。このまま無理をすると折れるでしょう=kao-a11=とのことで、大事にしなさいと言われた。

と言っても治療法などは特になく、湿布を貼って何かで抑えておくようにするだけ。「コルセットもあるんだけど、いる?」と聞かれ、そんな仰々しいものは邪魔になるだけなので有難く辞退し、妊娠時に使っていたハラマキを引っ張り出してきて胸まであげて一応固定したことにした。

あれから数日が経過し、状態は良好。全治3週間とのことで、それまでは朝晩湿布を変えなきゃいけないけど、少しずつ痛みは薄らいできている。良かった良かった。=kao-a01=

それにしても、咳で骨にヒビがはいっちゃうなんて、アタシって結構な虚弱体質じゃない??これが中学生くらいだったら「病弱な少女」を演じることに幾ばくかの陶酔感を感じていたかもしれないけれど、今はおおいに騒ぐ男児持ちの母である。早く治るに越したことはないとしみじみ思っている。

写真:どなたかの胸部レントゲン写真

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。