妊婦体験エプロン

papa2.jpg 先日のマタニティ&ベビーフェスタで、ダンナは妊婦体験エプロンを試着した。その存在は雑誌などで知っていて、機会があったらぜひ体験させたいと私が常々思っていたものだ。


妊婦体験エプロンとは、お腹に赤ちゃんを抱える妊婦がどれだけ大変な生活を送っているかを体験できるもので、重い防弾チョッキのような感じだと思えばいいかな?(防弾チョッキの実物を見たことないけど。)


妊娠をすることがない男性はこれを身につけて、かがんだり靴下を履いてみたりする。そうするとお腹が邪魔してうまくはけないことがわかる。お風呂掃除のように前かがみになって行う家事では、バランスがうまくとれなくていかに大変かがわかるというものだ。(……と私は理解している。)
初めて雑誌でそれを見たとき、「ねえねえ、これ、ぜひ体験して!」と勧めてみた。するとダンナはやや膨らんだお腹をさすりながら「いいよ。今でもわかるから」などと拒否。そのまま、機会もなかったので未体験のままだった。

そのエプロンが、フェスタにあったのである。これはぜひ体験させねば!と、ダンナの腕を引っ張って行って体験コーナーで着させてみた。見た感じは写真の通り。

試着したダンナに感想を聞くと、「すげー重かった!」とびっくりした表情で言う。かがむのも確かに大変だったとのこと。へへへ。これで私をいたわる気持ちが増えたでしょ。

ちなみにそのエプロン、妊娠8ヶ月を想定したもので、12キロ近くあるという。「太っちゃダメ!」と言われている最近では、ちょっと重すぎなんじゃないの?、と思わなくもないが、とりあえず「妊婦は大変なんだ」と思わせることができて、満足している。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード