スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼんの怖いもの

「Terrible two」と言われるように、2歳児というのは厄介な存在らしい。言うことは聞かないくせに主張は出てくる、という時期だから、親の苦労は推して知るべし。

そんなぼんを手なづけるのに、良いネタが見つかった。「ぼんの怖いもの」である。

先日、横須賀に軍艦を見に行った。日露戦争で活躍したという戦艦「三笠」の中に、当時の様子を再現した蝋人形が数体置かれている部屋があった。それを見るなり、好奇心旺盛なはずのぼんが、「こわい」と言って私の手を引き、後ずさりした。まあ、確かに怖そうな雰囲気だった。そうか、これが怖いのか……、と、ダンナと私は思わずニンマリした。

その後、近所の街を通ると、ハロウィンの仮装パレードが行われるところだった。骸骨やらお化けやらに扮した大人が近づいてくると、ぼんは半泣きになった。「こわい、こわい!」と言って私の足にしがみつく。

またしてもダンナと顔を見合わせ、ニンマリ。

その日の夜。お風呂に入るのを嫌がるぼんに、ダンナが言った。「もたもたしてると、お化けが来るよ」

私もすかさず後追い。「今日見たお化け、怖かったねえ~~」。

……案の定ぼんは泣きべそ顔になった。

が、1つ私たち親にとって誤算だったのは、ぼんの態度が、「怖がらせる=言うことを聞く」という図式には当てはまらなかったことだ。怖がったぼんはそのまま私にしがみつき、動こうとしなかった。「もたもたしていると怖いお化けが来るから、さっさとお風呂に入ろう」という思考になるまでは、もう少し時間がかかりそうだ。

テーマ : 男の子育児
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。