スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルができない

puzzle.jpg

一昔前のぼんは、パズルが大得意だった。おそらく保育園のお友達の中でも一番じゃないかと思われるくらい、パズルをやるのが早かった。

この「パズル」というのは、私のほとんどないと言っていい特技の一つで、何の役にも立たないが、私は昔からパズルを早く完成させることができるという自負がある。500ピースくらいは初めてのものでも朝飯前。おおよそ「悩んで手を止める」ということなく、組み立てられる。そんなわけでぼんがパズルが上手なのも、「アタシの子ってことなのかしらねえ…」と思っていた。

ところが。

先日、半年ぶりくらいにぼんがパズルを出してきた。ちょっと前まで盛んに遊んでいたものだ。「あら、久しぶりだね」と言いつつ見ていたら……、なんと、ぼんはすっかりできなくなっていた。まっすぐなピースが端っこにくるということも忘れていたし、手に持ったピースの図柄を見て全体像のどの位置か見当をつけるなどということも、全くできなかった。びっくりした。

2歳ごろは記憶力がめざましく発達するときらしく、いきなり数を覚えてしまう子や、世界各国の国旗を暗記してしまう子もいるらしい。ぼんも毎日本を読んでいてひらがなは読めるようになり、それなりに記憶力も発達していると思っていたのに、図形認識能力(?)がこんなにも低下していたとは……。

こんな小さな子でも、反復というのは必要なことなんだなあとしみじみ思った。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。