文字習得中

ぼんは、ひらがなのほとんどを覚えたようだ。ダンナも私も教えていないし、もちろん保育園でだって教わっていない。各種の本を読むうちに、自然に覚えたらしい。「誰かに教えてもらったの?」と聞いたところ、「ううん」との返事。「すごいね~、一人で読めるようになったの!?」と驚きの混ざった賞賛の言葉をかけると、「ぼく自分でね、こうかな~って」という。子どもというのは、こうやって物事を覚えていくんだろうなあ。

ひらがなは「あ」から「ん」まで読めるけれど、まだ濁点や促音(小さい「っ」)、長音などはわからないらしい。カタカナも読めないけれど、つい昨日、「『と』だ!」と言うから指さす先を見てみると、本当にカタカナの「ト」がそこにあった。これは『となりのトトロ』から覚えたのだという。いいね、いいね~~。

そしてまた次にはこんなことをのたもうた。

「ママ、ここにちぎれた『ろ』があるよ」

ちぎれた『ろ』……。

見ればそれはカタカナの「コ」で、同じくカタカナの「ロ」の一部がない字であった。(「ロ」は「トトロ」で読める模様)

子どもの発想というのは、何とも言えずに面白い。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード