歯が……

双子を出産し、ふたつきほど経ったころ、歯が欠けた。ちょうど実家に帰っていたときだったので近所の歯医者で応急手当てをしてもらい、こちらに戻ってきてからまた別の歯医者に行って治療してもらった。そのとき、実は別の歯も何かあるとうずくような感覚があったので診てもらいたかったんだけど、行った歯医者がなんだか古い(=時代遅れ)のような気がして手を付けないでいた。

10月に入って双子も預けることになって、ようやくじっくり歯の治療に取り組めそうになったので、歯医者を変えて先週から通い始めた。そして2度目の今日、恐ろしいことを告げられた。
「歯を抜いたほうがいいですね」

いや~~~~~!!!

以前に治療してある歯なんだけど、どうやら妊娠・出産でホルモンのバランスが崩れた上、授乳によるカルシウム不足や睡眠不足などで体調不良になり、その影響が口内まできたらしい。もともと私は口内炎もできやすく、何かあると口に反応がでやすい。それが今回、詰め物がゆるんでその下がどうやら虫歯になったようだ。

レントゲン写真を見ると、歯根に影が。そこを治療しなければいけないんだけど、以前に治療して歯に入れてある釘のようなものがずれており、歯に穴をあけているとのこと。そこに触れるとものすごく痛い。これはすでに骨がなく、歯肉がそこまできているということらしい。

「神経に沿って釘が入っていれば治療はできたんですけどね」と歯医者さんが言うから、思い切って聞いてみた。「それは、以前に治療してもらったところの歯医者さんが下手だったってことですか?」

さすがに同業のためか、今の歯科医は「そうですね」とは言わなかったが、「先生によってはこれを使わないでいきなりこれでやる人もいますからね」と、各種の釘を示しながら言った。うう……。まあホルモンバランスやら何やらでずれることもあるのかもしれないし、今更言ってもどうにもならないだろうから以前の歯医者を責めようとは思わないけど、それにしても恨めしい。

抜歯をしないで治療をしても根本的な解決にはならないこと、抜歯後の選択などを聞いてとりあえず帰ってきた。さてどうしよう。私の頭には「インプラント30万円」という重い数字がずっしり響いている。はああ。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード