炸裂!ママパワー

先日は、ぼんの保育園のお友達と新年会だった。「もう5歳になるんだし、たまにはいいよね~」ということで、夜のカラオケ。夜と言ってももちろん20時半までの控えめコース。同じ学年のお友達が8組、それぞれママや兄弟と一緒に参加した。総勢21名。

カラオケは、子どもたちのためだった。……最初は。

お姉ちゃんやお兄ちゃんのいるお友達は小学生が歌うような歌謡曲でも知っており、最近はやりの曲など入れたりして楽しんでいた。ママたちも、AKB48がかかったときはみんなで「会いたかった~、会いたかった~」などと歌って盛り上げたりした。もちろんみんなサビしか知らない。そこは、トシですから。

……Aちゃんママがマイクを握りだした頃からだろうか。

子どもたちが『どんぐりころころ』とか『プリキュアスペシャル』などを歌って私たちがおしゃべりに花を咲かせている合間に、いきなり『世界中の誰よりきっと』がエントリーされており、あれ?っと思ったら、Aちゃんママがひとり、画面に向かって歌っていた。

その背中を見ながらみんなで「ちょっとちょっと、あの人だれ~?」「え、1人で歌ってるよ?」などとはやし立て、そこから「じゃあそろそろいくか~」とママスイッチオン!

流れてきたのはなんと『1985年メドレー』。
『なんてったってアイドル』から始まって『DESIRE』など、なっつかしー歌がかかる。『セーラー服を脱がさないで』ではほとんどのママが、申し合わせもないままにモゾモゾと両手を体の横で滑らせながら歌った。やらなかったのは、私と、赤ちゃんを抱いていたママと、子どもたちの相手をしていたMちゃんママだけ。あとはねーさんたち、みんながノリノリだった。

なぜ私がやらなかったかって?そりゃ、アタクシ、若いですもの……。
1985年当時は、10歳にもなってない。ヒットメドレーに出てくる歌くらいは聞いたことがあるけれど、サビを歌える程度にしか知らなくて、「あの頃を知っている」と言うには幼すぎるのだ。

ぼんの学年はなぜか、私より3歳以上年上のママたちが多い。仕事を頑張ってきていたり、上にお子さんがいる家庭もあるからかな。若い時の5歳程度の差は、かなり大きい。「私、初めて買ったレコード『セカンド・ラブ』だった~」というママに、さすがの私でも「私、初めて買ったのはCDでした……」などとは言えない。そこは黙って、ねーさん達の盛り上がりを邪魔しないよう、ニコニコ聞いているのが良いのだ。

それにしてもみんな、よく知っている。「これなら大丈夫でしょ」と私にも気を使って入れてくれた『1990年メドレー』では、『ff』がかかった時には拳を突き上げ、『黄砂に吹かれて』では腕を上から下へと、歌詞に合わせてフリも完璧!私は「ああ、そうだったな……」と思い出すのがやっとで、とてもフリまではついていけない。

圧巻は何と言っても、『ピンクレディーメドレー』。『ペッパー警部』では決めポーズがみんなそろったし、『SOS』の途中の手拍子も、何の打ち合わせもないのに乱れぬリズム。『UFO』にいたっては、非の打ちどころがない(笑)。かつて体が覚えたものは忘れないんだなあ。

私たちがワイワイ楽しんでいる間、子どもたちはと言えば、最初は、いきなり全員でハモリ出すママたちに目がテン!誰もが「どうしたんだどうしたんだ、大丈夫なのか」という困惑の表情を浮かべてこちらを見ている。それをエサに、ママたちはいっそうノリノリで歌い続ける。

普段あまり目にしないママの変わった様子にしばらく慣れると、子どもたちは今度は「うるさ~~~い」と怒鳴ってくる。だがママの美声の前にはそんな声も届かない。

しまいにはなんとか止めさせようと、そこらへんにあったもので画面を隠し、歌詞を見えないようにするツワモノまで現れた。ところがもちろんママの方が一枚上手。「見なくたって歌えるも~~ん」と、かつて熱心に耳を傾けたサウンドにすべてをゆだね、歌った。

まったく、こんなにバカバカしくて面白かったのは久しぶりだった。「マイク貸して、マイク!」と自分の子どもに要求するママや、子どもからマイクがもらえないとわかるや手近なおもちゃをマイク代わりにして歌っちゃうママもいたりして、歌いながら笑った。

ママ会は面白いと、知識では知っていた。カラオケでは相当盛り上がるらしいことも。まさか自分の身に起こるとは思っていなかったけど、こういうことなんだと、しみじみと実感した。いや~皆さん、楽しい時をありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード