スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロールこやすみ

ここのところアンパンマン狂いと化しているチビ達は、兄の影響で、最近は何かの言葉を少しずつ変な風に変えて言うのを楽しんでいる。たとえば、

「ごちそうし」(ごちそうさま)
「こやすみなさい」(おやすみなさい)

といった具合に。そこにアンパンマンが加わると、もう原語はなんだかわからなくなる。

バイキンマンの捨て台詞「バイバイキ~ン」を当然のように使う時期は過ぎ、言うなれば今は応用段階にでも達しているのだろう。バイキンマンだから「バイバイキン」なのだと考えたちび1号は、「バイバイキン」と言うかわりに「アンバイバイ」と言うようになった。アンパンマンがバイバイしているというイメージのようだ。

アンパンマンから始まって、「ドキンバイバイ」「カレーバイバイ」「しょくバイバイ」なども出てきた。そして極め付けがこれ。「ロールこやすみ」。

これは「おやすみなさい」のかわりに、ロールパンナちゃんが「お休み」を言っているイメージで、かつちょっぴり言葉遊びをしているという変化球のため、言っている子どもたちと私にしかわからない。家にいるときは毎日寝かしつけをしているダンナにだって、想像の及ばない言葉の深層世界なのだ。

さっきもチビ達は機嫌よく「ロールこやすみ~」と捨て台詞をはき、寝る前の本読みを楽しみに意気揚々と2階への階段を上って行った。

こんな時期は、きっと子育ての黄金期とでも言うんだろうと思う一方で、いつまでもこんなレベルでいいんだろうかとも思う初秋の夜。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。