祭というものは

先日、隣の集落のお祭りがあった。祭好きな我が家としては外せるわけもなく、号砲の花火にいざなわれて顔を出してきた。

そこではジュースやお菓子、金魚すくいといった定番を始め、子どもが好きそうなクジやおもちゃなんかも売っていた。ウチの子どもたちはそろって喉が渇いただのお腹がすいただの好き勝手要求し、欲求を満たした。

そうしてしばらく楽しんだ後、ぼんがもう一度クジをやりたいと言い出した。
さすがにそれは、たしなめた。
「アンタ、さっきもやったでしょ。あれもこれもって、次々に言うんじゃないよ」

するとぼん様は仰った。
「だって、祭ってそういうもんでしょ!」

……そうなんだよね~。おまつりって、次つぎに楽しいことできるからいいんだよね~。だから非日常なんだよねーと、頭にはぼんの言葉を肯定する思いばかりが募り、私はそれ以上言い返せなかった。

しっかし、どうしたらそんなセリフが出てくるかね、5歳君よ。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード