スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイル

妊娠が判明して、おなかが大きくなるにつれて体にはいろいろな変化が起きているけれど、今日ふと、もしかしたら爪が伸びるのが遅くなっているんじゃないかと思った。

nail.jpgそろそろ切ろうかな…と思ったのが先週。ついつい忘れて切らなくてそのまま1週間が過ぎたけれど、全く気にならなかった。


爪を伸ばす栄養素(?)が子どもにいっているのか、あるいはつわりのためにきちんとした食生活を送っていないから、爪にまで栄養がいっていないのか。はたまた、私の思い違いかもしれないけれど。

いろいろな変化は、苦しいものでない限り、面白い。

コメントの投稿

非公開コメント

コメント、ありがとうございます(^^)。
やはり、お腹の主に私のカルシウムを取られていたのですね。どうも、色まで白くなってきたような気がしたんです…。気をつけて、いっぱい採るようにしたいと思います。
母としての先輩からの体験、とても嬉しいです。また何かありましたらご指南くださいませ。

ときどき読ませてもらっています。
私の経験を聞いてくださいね。
「カルシウムの不足分は母体の骨や歯などから提供される」
私は、少し歯が黒ずんできたので、歯科に行きました。妊娠中だとは告げなかったせいか、「磨きすぎ」と言われました。
「妊娠中の栄養学」で検索して以下の記事を見つけました。参考にしてください。
MCNEWSから
【妊娠、授乳期のカルシウム代謝】  (Heaney Skillman)
 カルシウムの摂取量は妊娠前後でそれほど変わらない(700?900mg)ですが、吸収量については妊娠後2倍以上に飛躍的に上昇(妊娠期~授乳期)しています。従ってカルシウムバランスはプラスとなり、特に妊娠末期は最大になります。
 しかし、胎児は初めの30週間は1日に150mg、出生近くでは1日350mgものカルシウムを蓄積するので、カルシウムバランスは不足します。不足分は母体の骨や歯などから提供されることになります。妊娠初期の胎児へのカルシウムの取り込みが多くない時期から、母体は予めカルシウムを蓄積していると考えられます。カルシウムの蓄積と吸収と排泄には調節機構があるため、カルシウムの過剰な取り込みがないので、多めにカルシウムを摂って生体の調節に任せた方が良いと考えます。胎児の成長以外にも、子癇や妊娠中毒症を予防するために妊娠中は十分な摂取が必要です。 
Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。