紙を飲む

omamori.jpg また「キワモノ好きなんだから……」と言われそうだが、紙を飲む、という行為があるらしい。紙と言ってもただの紙じゃない。「護符」というありがた~い紙である。


昨日、職場の元同僚2人から、それぞれ安産のお守りをいただいた。わざわざ水天宮に行って買い求めてくれたらしい。今は職場も違ってそれぞれの生活があるのに、こうして気にかけていただいて、本当にありがたい。=kao-a02=


で、水天宮のお守りは私も戌の日に行ったときに買ってきたんだけど、そのときは「腹帯をつけるんだ!」と躍起になっており、長い長いさらしに気を取られていて、じっくり見なかった。今回、いただいたお守りをよく読むと、「護符の飲み方」と書いてある。
「護符の飲み方……?」と思って説明書を見ると、なんと!つわりや陣痛で苦しいとき、護符をちぎって水に浮かべて飲むと、具合がよくなったりお産が楽になるというんだそうだ。なんでも、神呪(しんじゅ)文字というものが5つ書いてあって、大変にありがた~いものだという。1回1文字ずつちぎって飲むらしい。(詳しい飲み方はこちら

苦しんでるときに紙なんか飲んで、大丈夫かね??…と邪道な思いが頭をよぎらなくもないが、1つのお守りで5回分。自分のも入れて水天宮のお守りは3つだから、私は苦しいときを15回も乗り切れることになる。1回の出産で15回も苦しみたくないけれど、なんだか「15回は大丈夫」という感じもして、それなりに心強い気もする。=b-ganba=

味があったら、ぜひ記録しておこうと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード