Jack-o'-Lanternの絵

今度、ハロウィンパーティをやることになった。近くに住むフィリピン出身のお友達が母国でやったパーティを懐かしんでいることと、おそらく若い頃はパーティアニマルだったであろう美人のお友達とヒマな私というメンツが揃い、近所の子どもたちを集めて開催する。

それに先だって、ウチの子どもたちにハロウィンについて話をした。ぼんはすでに理解しているから、問題はちび達だ。気安くおばけなどと言おうものなら警戒心を丸出しにしてパーティへの参加を拒否するだろう。どう説明しようかな……とちょっと迷った。

「カボチャのおばけとかね、かわいいおばけもいるし怖いおばけもいるし……」と話し出すと、案の定ちび達の顔は固まり、どういうものなのか見極めようとしている。そこへぼん。「ぼく知ってるよ」

そしてぼんは机に向かって何か鉛筆を走らせ、一枚の紙を持ってきた。
それがこれ。


Jack-o'-Lanternの絵

……すっごくうまくない??
そうなんですよ、まさにこれなんですよ。
カボチャがくり抜かれた顔の、マントを着たおばけ。
Jack-o'-Lanternのおばけが、すごく的確に表現されている。

「おお、上手じゃん!」と言った途端、思い出した。アンパンマンのキャラに、こういう奴がいたことを。調べてみるとその名も「ハロウィンマン」と言い、まさにこの格好をしていた。「ああ、ハロウィンマンを描いたのか……」と合点がいったけれど、それにしても上手だ。

ぼんの絵がうまいと思うのは、物を立体的に表現するところ。この絵で言えば、Jack-o'-Lanternの目や鼻、口の厚みがきちんと描かれていて、斜め横から見た感じが良く出ている。もちろんぼんはこれを何も見ないで、ささっと描いた。私は今、こんな絵を描けと言われても、おそらくは真正面から見た味のない絵を描くだろう。

多少の親バカはあるにしても、自分の幼少の頃と比べてみても、ぼんの絵はうまいと思う。この才能がどう変化するか、ちょっと胸がはやる気持ちもなくはない。

テーマ : 男の子育児
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード