スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の子は……

我が家には女の子がいない。娘がいない人生なんて、想像したことがなかった。双子を妊娠した時は2人とも女の子だと思ったから、両方男の子だと知ったときは驚愕して、しばらく言葉が出なかった。

女の子は、かわいい。いや、男の子だってかわいいんだけど、それと同じくらい、アホである。
最近の愚息たちの言動から。

◆三男
国語で「どうぶつえんのじゅうい」という話を学習している。我が家の生き物博士である三男のドリルを見たところ……。

質問はこれ。
IMG_1421.jpg

で、三男の回答がこれ。
IMG_1422.jpg

あほーーー!!

◆次男
寝っ転がってずっとダラダラしている。
「あー、トイレ行くの面倒くさいなー」
「…そうだ!」
寝ころんだまま、ゴロゴロと回転してトイレまで行きましたとさ。

◆長男
リコーダーの練習に身が入らず、あごの下に立ててみたり、回してみたりして遊んでいる。ふとしたはずみに、ウィンドウェイ(息を吹き入れるところ)に鼻が当たって息が入ったらしい。
「あ!音が出た!見て見て!鼻でふける!!」
その後しばらく、馬鹿笑いしながら鼻でリコーダーをふいていた。
長男によると、鼻吹きは低音が難しいそうだ。

こんな息子たちが3人そろうと、バカ丸出しである。
私 「ちょっと、誰か足臭いんだけど!」
次男「え、僕の足は薔薇の香りだよ」
三男「どれどれ」
 (三男、次男の足をかいでみる。)
三男「うわ、くっせーーー!!」
 そして2人で顔を見合わせてゲラゲラゲラ。
長男「俺の足なんてな、薔薇とローズの香りだぜ」
私 「薔薇の英語がローズだよ……」
長男「え、マジ!?」

こんな会話が日常で繰り返される。
ほんともう勘弁して……。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。