靴のひも

先日、仕事帰りに駅のホームを歩いているとき、靴のひもがほどけていることに気づいた。なんてことないスニーカーのひもだから、ささっと結べばいいんだけど、はたと困った。


大きなお腹が邪魔して、しゃがめないのだ。無理して結ぼうとすれば、ごろんとひっくり返りそうな予感。あいにく1人だったので、手を貸してもらう人もいない。座って靴を脱ぎ、ひもを結びなおすしかないな、と思ったけれど、ベンチは空いていなかった。電車もホームに入ってきた。


ホームと電車との間にある大きな隙間に注意しながらそっと電車に乗り、ドアに寄りかかって片足を曲げ、ささっとほどけているひもを靴の中に押し込んで応急処置。そのまま家までたどり着いた。


なんてことない生活の中で、最近は大きくなったお腹との付き合いに苦労することがある。お風呂上りに足が拭きにくい、外出先で出会う和式トイレが大変、座って靴下をはくのにも時間がかかる……。=face_04=


以前と比べて不便なことも多いけれど、嫌というよりは、妊娠後期であることを実感する。


「そろそろ俺が足の爪を切ってやる時期になったかな」とダンナは言う。妊娠初期、約束しておいた。「お腹が大きくなったら、爪切ってくれる?」「一人で靴下履けなかったら、履かせてくれる?」ダンナは私が聞くいずれもに「やってやるやってやる」と答えた。たまにはできない女を演じておくものである。

コメントの投稿

非公開コメント

タルウさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます(^^)。タルウさんも同じく「里帰りしない出産」(?)なんですね。いろいろ大変なこともあるかもしれないけど、どんなものかちょっと楽しみですよね~。お互い妊娠期間を楽しみましょう!!

筆者さんの『以前と比べて不便なことも多いけれど、嫌というよりは、妊娠後期であることを実感する』って言葉、温まります~☆出来なくなる事はストレスではなく、赤ちゃんの成長が感じられるって事ですよね(^^)その感覚分かります!!
妊娠後期ってことは筆者さんはもうすぐ赤ちゃんに会えるんですね!イイなぁ☆旦那様のサポートも心強いし楽しみですね♪
筆者さんとお会いした事はないけれど、ずっとブログを読ませてもらっているし、私も同じような理由で里帰りしないで出産予定だし、あつかましくも私もドキドキ&ワクワクしちゃってますよf(^-^)応援していまっす!!
Twitter
プロフィール

ぼちぼち筆者

Author:ぼちぼち筆者
好きな本は「赤毛のアン」「精霊の守人」「西の魔女が死んだ」などなど。新しいkindred spiritsと出会えるのを楽しみにしています。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード